ドックベストセメントページ

ドックベストセメント

ドックベストセメントは、歯髄(歯の神経)と抗菌作用(銅イオンの殺菌力)を持つ銅セメントです。
通常なら、虫歯の部分をすべて取り除くため大きく歯を削りますが、ドックベストセメントを使用する事で、大事な歯を極力削らず、歯髄(歯の神経)を残す事が出来る治療法です。


ドックベストセメントの特徴



※注意点
■日本では、まだ保険治療として認可されておりません。
その為、ドックベストセメントの治療は自費治療となります。
上に被せる冠や詰め物も自費扱いとなります。
■また、虫歯が出来ている部位や量、状態等によってはドックベストセメントの治療が出来ない場合もございます。
■ドックベストセメントの治療をしたからといって、虫歯にならないわけではありません。
日頃から、適切な歯みがきを心がけてください。
■治療後も定期的な歯科検診を受診していただきます。


治療の流れ(通常の場合)


■歯の根の治療(根管治療)
根管治療には時間がかかります。根気よく治療を続けましょう。

治療前


歯の神経を取り除き拡大したあと、お薬で洗浄します。

お薬で洗浄したあと薬をつめて蓋をします。

根につめ物をします。
(根管充填)


■土台(コア)の作製~かぶせ物(クラウン)をするまで

コアをいれるために根管(神経があったところ)を途中まで削り歯型をとります。


完成したコアを入れセメントで歯に固定します。


コアを入れたあと歯を削って形を整え歯型をとってクラウンを作ります。


クラウンをセメントで固定して完成です。


治療の流れ(ドックベストセメントの場合)


①虫歯の部分を全部取ってしまうと歯髄(歯の神経)が出てしまいますので、歯髄(歯の神経)に近い部分にある虫歯は取らずに残します。
②虫歯部分を洗浄後ドックベストセメントをつめます。
(歯の中に虫歯がある部分が残った状態ですが、ドックベストセメントの抗菌作用で死滅させます。)
③ドックベストセメントの上から、つめもので蓋をして治療は完了となります。
(1年程度でドックベストセメントの銅イオンの殺菌力によって完全に殺菌されます。)

ページトップへ戻る
Copyright(C) negi Dental Clinic All Rights Reserved.